「一泊研修 日本創成会議準備委員会」全体授業

ブログ管理人の筒井です。5月8~9日に一泊研修を行いました。その時の様子を参加学生が文章化してくれましたので紹介します。

ツ

本日5月8日、「千の杜」にて現代日本社会学部の一泊研修が行われました。この一泊研修の目的とは、新たな仲間達と親睦を深めること、そしてその仲間とどのように日本を動かしていくのかを計画することの2点です。

同行した教員は橋本教授、新田教授、筒井教授、岩崎教授、山路教授の5名。本学部ではそれぞれの生徒にこの5人の中からいずれかの担当教員が付くというシステムになっていて、学習面や就職面などで知恵をお借りている次第であります。第一に取り決めなければならなかったことは、秋の倉陵祭に向けての計画です。この教員別に各々約20名のチームに分かれ、ブレーンストーミング形式で意見を出し合いました。大まかな計画が決定し、現代日本社会学部はまた新たな一歩を踏み出しました。翌日9日のレクリエーションの後、各チーム毎の倉陵祭の計画発表で、一泊研修は幕を閉じました。

DSC_0045

↑討論の様子 岩崎班

DSC_0050

↑討論後は美味しい夕食が振る舞われました

DSC_0070

↑レクリエーション(ドッヂボール)