第4回 皇-1グランプリ開催!

平成24年1月21日(土)午後1時より4時まで、本学4号館431教室にて、第4回皇學館大学ビジネスプランコンテスト公開プレゼンテーション大会(通称:皇-1グランプリ)を開催しました。今年の皇-1グランプリは、伊勢市産業支援センターのご協力と三重県教育委員会、三重県産業支援センター、三重県経営者協会、伊勢市、伊勢商工会議所のご後援をいただいての開催となりました。

三重県とその近隣の高校生・大学生を対象に、平成23年10月1日から11月24日の期間を設けて、地域活性化に結びつくビジネスプランを募集しましたところ、109件の応募があり、書類選考による一次審査によって、8組が今回の二次審査、公開プレゼンテーション大会に進出しました。

審査は学外4名学内2名合計6名でおこなっていただきました。三田泰久氏(伊勢市産業支援センターインキュベーションマネージャー)、土井一浩氏(伊勢商工会議所産業振興委員会委員長)、武田秀一氏(武田経営研究所代表、経営コンサルタント)、前川尚三氏(本学社会福祉学部附置地域福祉文化研究所研究嘱託)、本学の田浦雅徳教授(文学部国史学科)、山上賢一教授(社会福祉学部)です。各組にはプレゼンテーション5分に引き続いて審査員との質疑応答7分をしてもらいました。

審査の結果は次の通りです。

1位 プラン名「“スマイル”届けます!!移動販売ビジネス」(本学現代日本社会学部2年生 中林紗矢佳、井上綾佳、山崎理沙)

2位 プラン名「災害サバイバルスクール」(本学現代日本社会学部2年生 牧田拓也)

3位 プラン名「シルバーベビーシッター」(鈴鹿高等学校1年生 鈴木茉利子) 

田浦雅徳審査員長より、それぞれ表彰してもらいました。なお、副賞は図書カードで、1位10万円分、2位3万円分、3位1万円分でした。

また、4位以下の5組にも、決勝進出を祝して皇-1賞の賞状と記念品を贈呈してもらいました。

皇-1賞 プラン名「人間スタンプラリー 高齢者によるエンターテイメント」(宇治山田商業高校3年生 南里沙、中西紗貴、西尾絵美、藤田紗也加、東浦史奈、杉村奈那)

皇-1賞 プラン名「高校生のパソコン教室」(宇治山田商業高校3年生 岩井智香、北山静穂、中村真悠、山本寿美礼、西澤匠、西宮里菜、森下圭子)

皇-1賞 プラン名「ファイヤーデリバリー ~焚き火をコーディネイトして届けます~」(徳風高等学校2年生 福山有里佳、大川航平)

皇-1賞 プラン名「ひ孫の店」(本学現代日本社会学部2年生 浦田久美、五十嵐可奈、小田智香、山口友香)

皇-1賞 プラン名「職業案内」(本学現代日本社会学部2年生 堤峻太郎、岡田真)

今回はさらに、ご後援いただいている伊勢商工会議所より、伊勢商工会議所会頭賞を設けていただきました。この賞は、地域の経済団体として、事業として成り立つか、地域への社会貢献、利益を出して継続性があるか、の3つの視点を選考方針とされるとのことです。
伊勢商工会議所を代表して土井一浩氏より発表があり、引き続き表彰がありました。

伊勢商工会議所会頭賞 プラン名「“スマイル”届けます!!移動販売ビジネス」(本学現代日本社会学部2年生 中林紗矢佳、井上綾佳、山崎里沙)

副賞は図書カード5万円分でした。このチームは皇-1グランプリ1位とのダブル受賞となりました。

来年度も今回と同様の日程で開催する予定です(募集期間10月から11月下旬、決勝大会進出者決定12月上旬、決勝大会平成25年1月下旬)。関心のある高校生・大学生の皆さんは今のうちから地域活性化に結びつくビジネスプランのアイデアを温めておいてください!

受賞者を前列に記念撮影

受賞者を前列に記念撮影