H25研究旅行(筒井ゼミ)報告 3日目

担当:内田崇史、辻憂樹、小林瑞季、橡尾和樹、陶山貴史

 3日目(9/14)は最終日ということもあり、ホテルのチェックアウト後は別行動だったのですが、ちょうどその日に大通公園で北海道全体の食の祭典、「オータムフェスト」が開催されていたこともあり、多くのメンバーはそこへ行ってきました。

前日に札幌市役所で聞いたお話の中で、「エゾジカによる農作物等への獣害が増えており、捕獲して食べることで資源を有効活用している」という話があったことを思い出し、エゾジカ串 というのを食べてみました。

エゾシカ串

エゾシカ串

普段口にするニホンジカと比べ、やや肉質が固くクセのある味でしたがこれはこれで美味しかったです。

 その後札幌駅へ集合し、快速エアポート136で新千歳空港へ。

空港までは順風満帆な旅路でしたがここで問題発生。空港に到着予定の飛行機が30分の遅延をしているそうで、搭乗予定の便も離陸が遅れることとなりました。中部国際空港から乗るはずの特急には間に合わないため、先生がANAの方と交渉して別の特急を手配してもらえることに。

 

そんなこんなで最後にハプニングもあったものの、充実した3日間を過ごすことができ、今後の研究課題も見えてきた、実り多い研究旅行でした。