模擬利用者(ボランティア)の方との相談演習

社会福祉分野 鵜沼憲晴教授より

P1020930

本日は、社会福祉相談援助演習にて、模擬利用者さんとの面接場面を演習しました。昨年行った演習の第2回目です。今回は、ボランティアさんに実際の利用者さんになりきってもらい、実習さながらの面談でした。

学生は、緊張しながらも、学んだ知識をフル活用して、関係形成のためのコミュニケーション技術、正確な情報把握のためのコミュニケーション技術を駆使していました。

P1020936

演習を終えたあとは、模擬利用者役をしていただいたボランティアの方に、総評をいただきました。学生にとってとても貴重な時間でした。

学生同士、あるいは教員と学生との面接場面の演習はどこの大学でも行っていますが、ボランティアさんに協力いただいての演習はまだ多くありません。

学外の方を相手に授業をすることは、学生にとってとても緊張することです。でも、だからこそそこから学ぶことも多いのです。

お手伝いいただいたボランティアの皆様に感謝申し上げます。