現代日本社会学部トップ > 就職指導内容

現代日本社会学部で実施している就職指導内容を紹介します。

公務員講座(専門&二次試験)の学内コミュニティ

政治経済分野 山中優

平成24年7月26日

このほど、公務員講座(専門&二次試験)の学内コミュニティを立ち上げました。公務員志望の皆さんを応援するためです。

この学内コミュニティというのは、いわば学内専用の Facebook のようなものです。具体的には、manaba folio というポートフォリオシステム(教育機関向け)で利用できる機能の一つで、その manaba folio の「コミュニティ」の一つとして開設しました。

公務員の一次試験の種類には教養試験と専門試験とがありますが、今回立ち上げたのは、本学で専門試験の対策講座を受講している人向けのコミュニティです(ちなみに、専門試験が必要となるのは、主に国家・都道府県・政令指定都市の公務員試験の場合です)。

また、この公務員講座の学内コミュニティの目的には、「二次試験対策」を加えています。 二次試験では、集団討論などもあり、ディスカッション能力も必要です。 また、そのためには、新聞を読んでおくことも必要でしょう。

このコミュニティでは、そうした二次試験に役立ちそうな情報も発信して、公務員志望の皆さんをサポートしていきます!

キャンパスセミナーにて

社会福祉分野 鵜沼憲晴

平成24年6月27日

キャンパスセミナーにて これは,1年生を対象としたキャンパスセミナーという授業の1コマです.この授業は,キャリアアップ(人生の進路の決定)を支援することを目的としています.この日は,公務員とは何か,地元にはどのような企業があるのか,公務員試験や企業採用試験の合格率,就職試験合格のために大学で何をすべきか,といったレクチャーを実施しました.本学部では,このように1年生の時から「就職をどうするか」,ひいては「人生をどう生きるか」を意識し,そのために「大学生活をどう送るか」を考える機会を設けています.

就職相談会新企画「経営者に聞く」

政治経済分野担当 新田均

平成24年6月25日

「就職相談会」の一企画として、地元就職を希望している学生を対象に、地元企業の経営者から直接お話しを聞く機会を持つことにしました。第一回目として、去る6月23日、松阪にある奥野食品株式会社を、スタッフ4人と学生4人でに訪問し、奥野敦哉社長から、夕食をともにしながら、2時間ほどお話を伺いました。

奥野食品は、日本産大豆100%で納豆を生産しているユニークな企業で、コンセプトは「納豆のテーマパーク」だそうです。納豆の素晴らしさ、国産を維持し販売することの意義・困難・戦略などについて興味深いお話しをいくつも聞くことができました。

奥野食品のホームページは以下ですので、興味のある方はご覧ください。

http://www.nattouya.com

インターンシップ事前研修会

地域社会分野 筒井琢磨

平成24年6月23日

夏季にインターンシップ研修を受ける学生対象に、三重県経営者協会主催のインターンシップ事前研修会が6月23日、三重大学キャンパスで行われました。県内の大学生が約100名参加し、本学からは40名が参加しました。

企業人事課担当の方による講演、昨年度研修学生による体験談、ビジネスマナー実践講習会と、メニューは盛りだくさん、あっという間の3時間で、学生の皆さんは夏の研修に向けていよいよ気持ちが始動した、という様子でした。

(DO-Blogに写真あり)

一年生のためのキャリアアップ講義・演習

現代日本社会学学部・社会福祉分野 鵜沼憲晴

平成24年6月20日

今日は、1年生を対象に、外部講師をお招きし、キャリアアップについての講義と演習を行いました。

キャリアとは、人生設計のこと。自分はどのような人生を送りたいか、そのためにどんな仕事に就きたいか、更にそのためには大学でどんなことを学びたいかを考える機会となりました。

(DO-Blogに写真あり)

三年生のための就職相談会を開催中

現代日本社会学学部主任・政治経済分野責任者 新田均

 現代日本社会学部で、隔週の土曜日に一般就職を希望する三年生のために、就職アドバイザーによる就職相談会を独自に開催しています。

 アドバイザーは、本学国史学科出身で、株式会社ジェイオフィスで就職紹介事業部担当責任者を務めている末久弘知さん、他二名です。

 相談内容は、一時間四人一組で、自分の好みや適正について語り合う中で望ましい就職先をはっきりさせることから始まり、就職にあたって必要な心構えや能力を理解し、具体的な企業へのアプローチの仕方を学ぶといったものです。時には、資料請求をする際の電話かけの練習をしたりもします。

 すでに30人以上の学生が参加し、中には、企業訪問して幹部の方と面談できるところまで話が進んだ者もいます。

公務員試験対策講座の運営

現代日本社会学学部主任・政治経済分野責任者 新田均

 皇學館大学では公務員試験を受ける学生のために、名古屋大原学園の講座を学内で開講していますが、本学部では、さらに以下のような独自の取り組みをしています。

@ 公務員講座と学部の授業が重ならないように時間割を調整しています。

A 大原学園の担当者と学部教員が学生の成績、教員の役割分担、カリキュラムの適正化などについて話し合いをもっています。

B 講座の授業のわからないところについては、学部教員が質問を受けたり、独自のゼミを開いたりして対応しています。

C 「産業社会実習」という授業において、県庁、市役所、自衛隊などへのインターンシップを行っています。

ページTOP PAGE TOP PAGE BACK