お知らせ 詳細

現代日本社会学部トップ > お知らせ 詳細

「現代日本社会塾」第1回「鈴木英敬氏:公務員の使命と課題」のご案内

 皇學館大学・現代日本社会学部では、“NIPPONを動かそう”を合言葉に、さまざまな分野の前線で活躍している第一人者を招き、現代の課題に打ち克っていくべき使命を学生とともに学ぶ「現代日本社会塾」を開講いたしております。
 第1回目の「現代日本社会塾」を下記の通り開催します。在学生・教職員をはじめ、一般の聴講も募ります。ご参加いただきますようお願い申し上げます。


日時:平成22年 5月27日(木)X限目 16:20〜17:50
場所:2号館2階 224教室
講師:鈴木 英敬 (すずき えいけい) 先生
演題:「公務員の使命と課題 」
参加者:学内学生、教員、職員、一般聴講者(聴講無料・予約不要)

講師紹介(本学新田均教授より):
公務員の本来の尊い使命とは何か。
中央政府のトップ官僚として通産省(現経産省)・首相官邸にて、
国の経済行政の最前線で活躍され、今は政治の世界に挑戦されて、
全国の様々な分野を、そして世界を駆け巡っていらっしゃる、
熱き現代の志士に語っていただきます。

講師プロフィール:
* 昭和49年8月15日生まれ (35歳)。
* 鈴鹿市白子町在住。
* 本籍地は三重郡菰野町千草。
* 灘中、灘高を経て、東京大学経済学部卒業。
* 平成10年通商産業省 (現:経済産業省)に入省。
 中小企業支援、特区や農商工連携といった地域活性化などを担当。
* 安倍政権時には官邸スタッフとして、教育再生や地球環境問題に取り組む。
* 関西芸人ばりのトークを駆使しながら、「年中無休24時間」の行動派官僚だったが、
 平成20年退職。
* 妻は、元シンクロナイズドスイミングアテネ五輪メダリスト武田美保。
 (出展:鈴木英敬「日本を変える」HP http://eikei.jp/profile/index.html より)   (鈴木英敬ブログ  http://eikei.jp/blog/index.html )
★ 鈴木英敬先生には、平成24年度から非常勤講師として、授業「公共政策論」(3年生春期)と「地方財政論」(3年秋期)を担当していただきます。


<< 戻る update: 2010/5/21

 

 

ページTOP PAGE TOP PAGE BACK